AQUAVI

[AQUAVI] ホーム >AQUAVI コラム>気になる「赤ら顔」 原因と改善方法は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

気になる「赤ら顔」 原因と改善方法は?

寒暖の差やアルコールで顔が赤みを帯びたり、恥ずかしさや怒りで頬や顔全体がカッと赤くなることは、
誰にでもあるもの。
そうした肌の赤みは一時的なもので、少し時間が経てばもとの顔色に戻るものです。

でも、これといった原因も思い当たらないのに、顔に赤みが出た状態が続いてしまう「赤ら顔」
困ってしまいますね。

顔が赤くなる状態のことを、総じて赤ら顔と呼んでいますが、大きく分けると
「皮膚の下の毛細血管(血液)が表面に透けて見えることで赤く見える」ものと、「皮膚そのものが赤く
なっている」
ものがあります。

皮膚下の毛細血管が透けて見えるタイプ

皮膚の下にはたくさんの毛細血管があります。
通常は皮膚の表面からは見えませんが、皮膚が薄いと透けて見えてしまうため、顔が赤く見えます。
顔の中でも特に皮膚が薄い鼻や頬は、赤くなりやすい部分です。

皮膚の下の毛細血管が透けて見えてしまう要因として、皮膚の薄さの他に毛細血管の拡張が考えられます。
毛細血管は拡張・収縮することで皮膚の温度を調節していますが、拡張して血液が多くなると顔が赤く見えます。

毛細血管が拡張する原因は、寒暖の差や精神的なもの、飲酒や香辛料などがありますが、通常は時間が経つと元にもどります。
ところが、拡張・収縮を繰り返すことで収縮力が低下し、拡張したままとなってしまう場合があります。
香辛料やアルコールなど刺激のある食べ物を控え、ストレスのない規則正しい生活を心がけることにより自律神経を休めることでホルモンバランスが整い改善する場合が多いです。

炎症で皮膚が赤くなっているタイプ

ニキビができると、周辺の皮膚が炎症によって赤くなります
通常はニキビが治れば炎症も治まり赤みも消えるのですが、ニキビが次々にできる場合などは、炎症が治まらない状態が続いてしまいます。
こうした状態が続くことで、色素沈着を起こし、赤ら顔になってしまうことがあります。

敏感肌やアトピー肌などの肌の弱い方は特に、一度炎症を起こすような肌トラブルを起こしてしまうと、その部分の皮膚は免疫力が落ちてしまい、雑菌を繁殖させやすくなります。
するとそこからまた新たな肌トラブルを呼び起こすという連鎖に陥りやすいのです。

また、肌荒れや脂漏性皮膚炎、アトピー性皮膚炎などが原因で、皮膚が炎症を起こして赤くなってしまう場合もあります。

■アトピー性皮膚炎による赤ら顔
アトピーによる赤ら顔は、アトピーができていた跡が赤く残ってしまう場合と、ステロイド剤によるものが考えられます。
ステロイド剤には、毛細血管を拡張するという副作用があり、これが原因で顔の血管が目立つ赤ら顔になってしまったり、顔全体がむくんでしまったりすることもあります。

ステロイド剤とは、人間の体の中で分泌されている副腎皮質ホルモンと同じ働きを持つもの。
それゆえ、体のホルモンバランスが崩れ、深刻な副作用が起こる可能性もあります。
アトピーが治まった後、その治療薬としてステロイド剤を使用していた方が、副作用で赤ら顔になってしまい、それが残ってしまい困っているというケースも多く、 ステロイド剤はいま現在出ている症状を抑えるためには有効かもしれませんが長期間の使用は考えもの。

薬に頼らず、根本からの体質改善に取り組みましょう。

■脂漏性皮膚炎による赤ら顔
皮脂分泌が通常より多い状態を脂漏といい、皮膚がベタついた状態の油性と角化が妨げられフケ状の鱗屑を発生する乾性に分けられます。
皮脂分泌の多い場所にでき毛穴が開くのが特徴です。
体調の影響を受けやすく生理前や寝不足といった原因が挙げられます。

■アレルギーによる赤ら顔
アレルギーの原因となる物質は、植物、金属、化粧品、薬剤、食物、家庭内にある商品や薬品などさまざまです。
アレルギーによる赤ら顔はまず反応しているアレルゲン物質を突き止めることが先決です。
接触皮膚炎(かぶれ)、薬剤アレルギー、金属アレルギー、食物アレルギーなどの原因を症状に応じて、パッチテスト、プリックテスト、内服テストなど検査を行います。
自覚症状のないアレルゲン物質が明らかになることもありますので医療センターなどで気軽に検査を受けましょう。

赤ら顔の改善・ケア方法は?

原因によって、赤ら顔の改善方法は変わってきます。
毛細血管が透けて見えるタイプの赤ら顔の場合、皮膚の薄さは生まれつきある程度決まっているので変えるのは難しいところもありますが、アルコールやたばこ、 辛い物などを控え目にすることである程度赤みを出にくくすることができるはずです。

皮膚の炎症による赤ら顔の場合、炎症の原因となっているニキビや皮膚炎を治療することが第一です。
また、お肌が敏感に傾きがちのときは特に、スキンケアはシンプルに、そして、刺激の少ないコスメを選ぶようにしましょう。

■スキンケアの見直しも有効
自己流で続けてきた洗顔方法や、洗顔フォームを見直し、赤ら顔の原因になっていないかどうかを見直すことも有効です。
普段使っているスキンケアの成分にかぶれている場合も考えられます。
健康な状態には反応が出なくても免疫力が落ちたり疲れているときに反応する場合があります。

また洗顔フォームにピーリング剤やスクラブ洗顔料などを使用している場合は、これらの刺激が赤ら顔の原因となっている可能性もあります。
洗顔の際に強く力を入れなくても摩擦がおきることで肌に負担をかけてしまい、知らず知らずに肌の表皮を削ってしまっている可能性があるので、 洗顔する際は弾力のある泡をつくりその泡を肌の上で転がすようにして洗いましょう。

■肌トラブルの原因となりそうなものを避ける
いまは赤ら顔に悩んでいなくても、お肌が敏感な人や疲れや寝不足からからだの免疫力が落ちている人、頬や鼻が赤いなどもともと皮膚の薄い人は、肌にむやみに刺激を与えることは控えましょう。
日頃からタオル、寝具といった、直接からだに触れるものは清潔にするように心がけましょう。
過剰に神経質になる必要はありませんが、身の回りを少し見直してみるだけでも症状が改善する場合があります。

なで洗いできるほど強力な洗剤や、1日中香りが持続するなどといって強力な化学合成成分がたっぷり含まれる柔軟剤などは皮膚への影響が危ぶまれています。
肌に影響を及ぼす可能性のあるものは日常生活からなるべく遠ざけ、肌を刺激から守ることが大切です。

朝から洗顔フォームで洗顔をして、化粧水に乳液、日焼け止めの上からくずれにくいお化粧を1日中つけっぱなし、仕事を終えてやっとお化粧を落としたところに美容液、パック、ナイトクリーム…女性の肌は休まるときがありません。
それぞれに刺激は少なくても、美容アイテムの乱用によりたくさんの成分を過剰につけすぎてしまうと肌には刺激となる危険性があります。
最低限の保湿は必要ですが、あれもこれもとたくさんの美容アイテムの使用は考えものです。

本来、わたしたちのお肌は必要なときに皮脂を分泌して潤いを与え、過剰な皮脂は抑えるという素晴らしい機能をもっています。
そこにリッチな美容液を一晩中べったりとぬってしまうと肌はそれに甘えて必要な皮脂を出さなくなってしまいます。

皮脂はひとりひとりのお肌にもっとも適した配合ですし、何より防腐剤や化学合成成分など一切含まれていませんから安心、安全です。

お肌の様子を見ながら、生理の後など調子がいい日は控えてみるのもおすすめです。
翌朝、「わたしの肌はなにもつけなくてもこんなに潤うのか」という新鮮な驚きがあるはずです。

光治療やレーザー治療など、今は赤ら顔自体の治療法もいろいろと行われています。
赤ら顔の症状が重くなかなか改善しない場合などは、まずは皮膚科を受診して相談してみるのが良いでしょう。

AQUAVIとは
商品紹介
お買物ガイド
お客様の声
アクアヴィタイムス
スキンケアコラム
ご利用にあたって