AQUAVI

[AQUAVI] ホーム >AQUAVI コラム>健康・美容効果が凄い「トマト」のもっと効果的な食べ方

このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・美容効果が凄い「トマト」のもっと効果的な食べ方

美容や健康効果の高さで、メディアなどでもその効果が取り上げられることの多い「トマト」。

ヨーロッパでは「トマトが赤くなると医者が青くなる」といわれているほどトマトは栄養満点の食材です。
トマトがなぜ鮮やかな赤色をしているかご存知でしょうか?

それはトマトに含まれるリコピンという赤い色素成分が大量に含まれているからです。
元来トマトはアンデスの高原地帯の植物です。

トマトは強い日光による紫外線や害虫から身を守るため、自己防衛手段としてリコピンを作り出している
のです。

トマトを食べると、生活習慣病の予防・改善や、ダイエット効果、美肌効果、疲労回復、便秘解消などなど
さまざまな効果が期待できると 言われています。

まさに美容と健康の強い味方
そんなトマトの健康効果や美容効果と、最大限に発揮させるための効果的な食べ方をご紹介します。

トマトの抗酸化作用

私たちが呼吸で体内に取り込んだ酸素の一部は、体内で「活性酸素」に変化します。

活性酸素は、本来、外敵を攻撃する働きを持つものですが、増えすぎると体内の正常な細胞も攻撃して傷つけてしまい 、老化や生活習慣病の原因になってしまいます。

リコピンには強い抗酸化作用があり、体内の活性酸素を取り除いてくれます。



これにより血流が良くなり、動脈硬化や高血圧、糖尿病などの生活習慣病の予防につながります。

■トマトの抗酸化作用のメカニズム

トマトを食べることでリコピンが血液中に取り込まれると、血液の流れに乗り全身をめぐりながら、
人体のあらゆる場所で抗酸化作用を発揮し、 様々な効果を得ることができます。
トマトの効果としては、血液中のコレステロールの酸化を抑制するため、動脈硬化の予防・改善に
役立ちます。

またβ-カロチンやビタミンCなどの他の抗酸化物質に比べて、長期間に渡って働くこともトマトの効果の
特長です。


リコピンが血液に入ってから半分に減るまでの期間は、約12~30日間。
その間、血液中で抗酸化作用を発揮します。

トマトの効果は動脈硬化の予防だけではありません。
アメリカの研究では「トマトが血糖値の上昇を抑える」という発表もされています。

また、活性酸素は肌の細胞を傷つけ、シワやたるみなどの原因になることもわかっています。
トマトを食べることには、ハリのある肌を保つ美肌効果もあるのです。

他にもいろいろ!トマトの健康・美容効果

リコピンばかりでなく、トマトにはビタミンCや食物繊維、カリウムなども豊富に含まれています。

上記で紹介した効果の他にも、疲労回復便秘解消などの効果もあるとされています。

またトマトは、血液を送り出す心臓に起こる病気に強力な効果を発揮することも分かっています。

さらに、トマトを食べることでガン予防にも効果があるとされています。

実際にトマトの消費量が多い北イタリアの人たちはリコピンの血中濃度が高く、
口腔、食道、胃、大腸などのガンにかかる人の割合が、 他の地域と比べて最大6割も低いことが
分かっています。

トマトの効果はリコピンだけでなく、旬のトマトにはビタミンCなど、他の栄養素も多く含まれますから、 病気の予防・改善を期待する人は毎日継続的に獲るようにしましょう。

まるごと食べるのが効果的!

マクロビオティックでは、一物全体(自然の恵を残さず丸ごといただくこと)という原則があります。

食材そのものは、丸ごとでバランスがとれており、穀物なら精白していない玄米、野菜なら皮や葉にも栄養があり、 すべてを摂ることで栄養のバランスが取れるという考え方です。




トマトの皮はむかずに調理しましょう。
皮はごみにせず、スムージーにするなどして命を「まるごと美味しく」いただきましょう。

安心してまるかじりするためには、生産者の顔が見える自然栽培や有機栽培のものを選ぶことも大切です。
旬の今の内に買っておいて、塩をかけてドライトマトにするのも良いでしょう。

ミネラル豊富なローズソルトがおすすめです。


もともと夏が旬の食材であるトマトは身体を冷やす働きがあります。

夏バテ気味の方や冷え性の方は食べ過ぎに注意が必要です。
胃腸を冷やさないように加熱調理がおすすめです。

■その他のトマトの効果的な食べ方

熟したトマトなら、生で何もつけずに食べても十分おいしいですが、健康・美容効果を引き出すという点から見ると、食べ方を一工夫した方が効果的です。
トマトの健康・美容効果を高める食べ方のポイントをご紹介します。

・トマトは油と一緒に!
リコピンは油に溶ける性質があります。
ドレッシングをかけたり、油を使って調理すると生で食べるより吸収率が良くなります。

・加熱・調理して食べる
リコピンはトマトの細胞の中にあります。
加熱したり細かく刻んだりすることで細胞膜が破れ、リコピンが吸収されやすくなります。

・乳製品と一緒に食べる
乳製品も油脂成分が多いため、リコピンの吸収を高めます。
ミルク系のスープに入れたり、チーズと組み合わせてサラダにしたり、乳製品と組み合わせたレシピを工夫してみましょう。

継続して毎日食べるのがカギ!

先述したように、トマトを食べると8~10時間後に血中のリコピン濃度が高まりますが、12~30日程度で半分ほどまで下がることがわかっています。

健康・美容効果を期待する場合は、継続して食べ続けてリコピンの血中濃度を維持することが大切になります。

トマトジュースやトマト缶なども活用して、毎日トマトを食べるようにしましょう。


しかし、いくらトマトが栄養満点だからと言って、トマトばかりを大量に摂り続ければ良いというわけではありません。

「夕食はトマトだけ」といった過度なダイエットや、「トマトジュースを飲んで、トマトのパスタを食べて、デザートはトマトゼリー……」というように同ものばかり大量に摂取するような極端な食べ方は避け、 季節に応じた旬の食材と組み合わせてバランス良く食べるようにしましょう。

AQUAVIとは
商品紹介
お買物ガイド
お客様の声
アクアヴィタイムス
スキンケアコラム
ご利用にあたって