AQUAVI

[AQUAVI] ホーム > スキンケアコラム > 乳児性湿疹

スキンケアコラム

赤ちゃんの湿疹(乳児性湿疹)

乳児性湿疹とは生後間もない赤ちゃんの顔及びからだにできる湿疹全般のことです。乳児の肌は大人と比べてとても薄く、バリア機能も弱いため様々な肌トラブルが起こりやすい状態です。

健康なおとなの肌は自ら皮脂などの潤い成分を出して皮膚の表面を保護することができますが、赤ちゃんの肌は水分量も皮脂量も大人よりもずっと少ないといわれています。ほこりや雑菌、紫外線やウイルスなどのあらゆる刺激から守ってくれていた赤ちゃんにとってお母さんの胎内と外の世界は状況が全く異なります。そのため赤ちゃんの肌を刺激から守り健やかな成長を助けるためにスキンケアが大切なのです。

赤ちゃんのスキンケアの基本は肌を清潔に保つことと保湿です。

1日1回程度、よくあわ立てたせっけんの泡で「ママの手」でやさしくていねいに洗います。赤ちゃんのからだはくびれだらけです。首や脇の下、おしりやひざの裏、耳の裏までシワをひろげて洗い、奥に溜まった汗や皮脂をしっかり洗い流しましょう。保湿は沐浴のあと、おむつ替えのときだけでなくできるだけこまめに塗りましょう。

ひとくくりに乳児性湿疹、といっても赤ちゃんだってお肌の質はそれぞれです。お母さんの肌質がひとりひとり違うのと同じように、赤ちゃんもひとりひとりがそれぞれ異なる肌質を持っているので、お肌のトラブルにはさまざまな原因が考えられます。成長するにつれて自然と改善する場合も多いのですが、アトピー性皮膚炎である可能性もあります。乳児の肌トラブルはそれが乳児性湿疹なのかアトピー性皮膚炎かは判断が難しいうえに治療法も異なります。慌てて市販の薬やクリームを乱用せずに心配な場合はすぐに医師に相談しましょう。


乳児性脂漏湿疹

過剰に分泌された皮脂が肌や毛穴に溜まり炎症を起こしてできる湿疹です。生後間もない赤ちゃんの肌はお母さんのホルモンの影響を多く受けるため皮脂が過剰に分泌されます。白いふけのようなものあるいは黄色いかさぶたのように肌にたまったものが脂漏(しろう)です。かゆみはなくカサカサと乾燥していることが特徴です。乳児性脂漏湿疹ができる部分は頭や眉毛などです。


乳児性湿疹のスキンケア

ベビーオイルなどを塗って脂漏を柔らかくしてから洗い流します。決して無理にこすり落とそうとせずそっとなでるように洗いましょう。ベビーオイルや軟膏はお風呂上りに塗ります。赤ちゃん自身がかきこわして悪化することもあるので爪はこまめに切ってあげましょう。


新生児ニキビ

お母さんの肌質も関係あるといわれていますが、皮脂分泌が多いお肌をもつ生後間もない乳児によくみられます。ほっぺやおでこなどに大人のひきびと同じように化膿したり、芯のある赤いぶつぶつがみられ顔全体が真っ赤になることもあります。3ヶ月から半年ほどたつと自然と治ることが多いです。


新生児ニキビのスキンケア

せっけんでこまめに洗顔しましょう。余分な皮脂がニキビの原因なので優しく洗い、よくすすぎます。とくに頭頂部は皮脂が多い部分です。生後間もない赤ちゃんの頭は柔らかいので心配かも知れませんがこわがらずにきちんとやさしく洗いましょう。汚れを落として肌を清潔に保つことをこころがけましょう。過剰にべたべたとオイルやクリームをぬってしまうとニキビの原因になるかもしれません。


アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は頭や顔などに赤い湿疹ができる遺伝的なアレルギー体質のことです。アトピー性皮膚炎の特徴は激しいかゆみがあること。汗や体温が上がると症状がでることや粉のように皮膚がはがれ落ちたり皮膚がごわごわと厚みを帯びてくることなど。原因ははっきりとわかっていないのですが化学物質や添加物の多く含まれる食事、ダニ、動物の毛、食べ物アレルギーなどそれぞれアレルゲン物質が異なります。

乳児性湿疹をみて「うちの子、アトピー性皮膚炎じゃないかしら…」と心配するお母さんも多いことと思います。乳児の湿疹は自然と改善することが多いので生後半年は様子を見守りましょう。


アトピー性皮膚炎のスキンケア

アトピー性皮膚炎といっても、じぶんのからだを守ろうとする皮膚の正常な反応です。まずはどんなときに症状がでるのか、アレルゲン物質を特定するため慎重に観察しましょう。日頃慣れ親しんでいるものに、ひょっとするとアレルゲン物質が含まれているかもしれません。添加物を多く含む食べ物や化学成分を多く含む日用品は極力避けましょう。

アレルゲン物質がはっきりと特定できないあいだは何気なく使用している水道水にも浄水器を設置するなどしてできるだけ刺激を与えないよう気を配り、肌を清潔に保つようにこころがけて焦らずじっくりと向き合いましょう。

1歳未満の乳児の湿疹はアトピー性皮膚炎かどうかの判断が難しいので勝手に決めつけて市販の薬やクリームなどを乱用せず病院で医師に相談しましょう。


食物アレルギーによる湿疹

食物アレルギーのある小中高生は45万人といわれています。アレルゲンとなる食べ物をくちにすることで口や全身に赤い発疹ができます。アナフィキシーと呼ばれる呼吸困難や嘔吐などの症状がでることもあり死に至ることもあります。卵、牛乳、小麦などのアレルギーが一般的でアレルギー体質は胎児のころから形成され5歳ごろまでに発症します。


食物アレルギーのスキンケア

アレルゲンとなる食べ物が判明したらその食べ物を避けましょう。アレルゲンに触れることがなければ症状は治まります。消化器官が発達してくると症状が治まったり、過熱調理することで克服できたという事例もあります。専門家の指導を仰ぐことも有効ですし、1歳をすぎたらアレルギー検査も可能です。心配な場合は病院で医師に相談しましょう。


汗疹(あせも)

赤ちゃん、というようにいつも真っ赤になって泣いているのが赤ちゃんです。からだの機能が十分でない赤ちゃんにとって汗をかくことが唯一、体温調節の方法です。わたしたちの数倍は汗をかくという赤ちゃんの肌は面積も小さく未発達な汗腺が密集していて不衛生になりがち。汗疹(あせも)ができやすいのです。汗疹(あせも)のできる場所はおしり、それから腰、頭や首など汗をかく部分にできます。


汗疹(あせも)のスキンケア

赤ちゃんはわたしたちよりも体温が高く、暑がりです。かわいいからといってお洋服を着せすぎてしまうと汗疹の原因となります。また、ノースリーブなども涼しげですができれば肌を覆う袖つきの、汗をよく吸ってくれる天然素材の通気性のよい服が好ましいです。

汗が長時間溜まると菌が繁殖して汗疹(あせも)の原因になるので汗をかいたらこまめに着替えさせるなど汗を皮膚にとどめない工夫をするなどして清潔にしてあげましょう。


おむつかぶれ

生後間もないあいだは排便の回数が多く、水っぽいうんちが出ます。長時間うんちやおしっこにふれることで肌に負担がかかります。さらに赤ちゃんはあせっかきなのでむれてしまってかぶれの原因になることも。

おむつかぶれによく似た症状なので気をつけたいのが「皮膚カンジダ症」。正体は「カンジダ菌」というカビによる皮膚の炎症。見分けるのは難しいうえに、治療法がまったく異なります。おむつかぶれには一般的にステロイド薬が使われますが、ステロイド薬は皮膚の抵抗力を弱めてしまうため、カンジダ菌による「皮膚カンジダ症」だった場合、皮膚に菌が広がってしまうのです。

2つの症状はとてもよく似ているので症状がひどい場合は素人判断をせずに病院で診察を受けましょう。


おむつかれぶれのスキンケア

うんちやおしっこに気がついたらすぐに取り替えること。これだけでも意外と効果的です。「かぶれるのは紙おむつのせい。布おむつだからだいじょうぶ」と決いう方がいらっしゃいますが紙おむつでも布おむつでも、赤ちゃんにとってはうんちやおしっこに長時間触れていることがいちばんの負担です。できるだけ排泄物が肌にふれないように気を配り、いつも清潔な状態を保ちましょう。

自宅の場合はすぐにおむつをはかせずにすこし乾かしてあげましょう。デリケートな赤ちゃんのお肌にとって刺激は大敵。こすれて肌が痛くならないようにおむつのサイズはきちんと選びましょう。気になる部分やこすれやすい部分にはベビー用のワセリンやオイルをぬるとよいでしょう。ちょっとケアでおむつかぶれを防ぐことができます。


乳児性湿疹の基本のスキンケア

・ なるべく肌を清潔に保ちましょう
・ 1日に1回程度せっけんでやさしく(くるくるとなでるように)洗う
・ 汗はこまめにやさしく(そっと肌をなでるように)ふきとる
・ 愛情たっぷりの「ママの手」でやさしく保湿
 (マッサージをするつもりでそっと肌に置くように)
・ 爪はかきこわし(突然の流血にビックリ!のもとです)こまめに切りましょう

乳児のお肌トラブルにはさまざまな原因が考えられます。乳児の湿疹は3ヶ月から半年ほどで自然と改善することも多いので慌てず焦らず、赤ちゃんのお肌の様子をみながら正しいスキンケアを続けましょう。症状が深刻な場合は病院で医師に相談してください。


AQUAVIとは
商品紹介
お買物ガイド
お客様の声
アクアヴィタイムス
スキンケアコラム
ご利用にあたって